ここは悲しい気持ちを出せる場所

かなしみぽすと」は上智大学グリーフケア研究所の修了生が立ち上げたグループです。グリーフ(悲嘆)ケアについて学んできたことを、自分たちの知識としてだけにとどめるのではなく、今現在何らかの悲嘆を抱えていらっしゃる方に届けられないだろうかという思いで集まりました。


かなしみぽすと の活動について

私たちについて

「ここには悲しみを持ったまま来てもいい」と思っていただける場づくりを目指しています。

グリーフとは

グリーフ(悲嘆)とは、誰でも起こり得ることです。まずは、グリーフとは何かを知ってみましょう。

講座・イベント

私たちはグリーフ及びグリーフケアについて理解を深めてもらうための活動をしています。


お知らせ

2018年度かなしみぽすと創立5周年記念 2回連続公開講座「かなしみとともに生きる社会へ」

無事終了しました。たくさんの方のご参加、誠にありがとうございました。

一人では耐え難いとき、「この思いに耳を傾けてくれる人がいたら・・・」と思ったことはありませんか?

この講座では、長年にわたり、悲嘆を抱えている多くの人々に寄り添ってきた講師より「傾聴」にまつわるお話をお聞きします。一人ひとりができるグリーフケアについて考えるきっかけとなればと願います。

講座日時・講座内容

日付 時間 テーマ
2018年11月6日(火) 18:30〜20:30 「災害現場における傾聴」
2018年11月13日(火) 18:30〜20:30 「日常からはじまる傾聴」

※1回のみの参加も可能です

※受付開始時間各回30分前から

講師プロフィール

髙木 慶子(たかき よしこ)

 

熊本県生まれ。

聖心女子大学文学部心理学科卒業。

上智大学神学部修士課程修了。博士(宗教文化)。

 

現在、上智大学グリーフケア研究所特任所長。「生と死を考える会全国協議会」会長。「兵庫・生と死を考える会」会長。一般社団法人グリーフケアパートナー理事。援助修道会会員。「日本スピリチュアルケア学会」理事長。

 

兵庫県「県勢高揚功労」(2015年度)、「カトリック大学連盟 カトリック学術研究奨励賞」受賞、

「神戸新聞 第63回平和賞」受賞、「財団法人兵庫地域政策研究所機構 第7回21世紀のまちづくり・研究部門賞」受賞、など。

 

三十数年来、ターミナル(終末期)にある人々のスピリチュアルケア、及び悲嘆にある人々のグリーフケアに携わる一方、学校教育現場で使用できる「生と死の教育」カリキュラムビデオを制作。

幅広い分野で全国的にテレビや講演会で活躍中。

 

著書として、『喪失体験と悲嘆-阪神淡路大震災で子供と死別した34人の母親の言葉』(医学書院)、『大切な人をなくすということ』(PHP出版)、『悲しみの乗り越え方』(角川書店)、『悲しんでいい~大災害とグリーフケア~』(NHK出版)、『悲しみは、きっと乗り越えられる』(大和出版)、『それでもひとは生かされている』(PHP研究所)、『それでも誰かが支えてくれる』(大和書房)、最新刊『「ありがとう」といって死のう』(幻冬舎)など多数。

開催概要

定員 各回100名 (要予約・先着順)
参加費

無料

会場

上智大学大阪サテライトキャンパス

(サクラファミリア2階)

大阪市北区豊崎3-12-8

主催 かなしみぽすと
後援

上智大学グリーフケア研究所

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

※本企画は「公益財団法人JR西日本あんしん社会財団」の助成金を受けて実施しています

アクセス

  • 地下鉄御堂筋線中津駅 3番出口より230m
  • 阪急梅田駅 茶屋町出口より550m
  • JR大阪駅 中央北口より90m

2回連続公開講座は終了しました。次回からの企画のお知らせをご希望の方は、当HP「ご登録フォーム」にご入力ください。

ダウンロード
2018年度かなしみぽすと創立5周年記念 2回連続公開講座「かなしみとともに生きる社会へ」
kana_1811_5th-2kouza.pdf
PDFファイル 1.6 MB

【2回連続公開講座にお申し込みの方へ】会場変更のお知らせ

現在、参加受付中の「かなしみぽすと創立5周年記念 2回連続公開講座 かなしみとともに生きる社会へ」の会場が【3階】から【2階】へ変更する運びとなりました。

建物の階数のみが変更になりますので、アクセスは変わりません。ご安心ください。

 

【変更前】サクラ ファミリア3階大聖堂(カトリックセンター・大阪梅田協会)

【変更後】上智大学大阪サテライトキャンパス

 

  • 地下鉄御堂筋線中津駅 3番出口より230m
  • 阪急梅田駅 茶屋町出口より550m
  • JR大阪駅 中央北口より90m