私たちのおすすめ


浜渦辰二先生

かなしみぽすとの公開講座や研修などにご協力くださった先生方のご著書です。

敬称略 随時更新していきます

著者 書名 出版社・発行年

浜渦辰二

ケアの臨床哲学への道―生老病死とともに生きる 晃洋書房; A5版 (2019/3/20)

浜渦辰二

可能性としてのフッサール現象学 晃洋書房; A5版 (2018/3/10)

浜渦 辰二 (), 石黒 暢 (), 斉藤 弥生 (), 福井 栄二郎 (), 竹之内 裕文 (), 備酒 伸彦 (), 齊藤 美恵 (), 是永 かな子 (), 山本 大誠 (), カーリン・ダールベリ (), 川崎 唯史 (), 中河 豊 (), 高山 佳子 ()

北欧ケアの思想的基盤を掘り起こす 大阪大学出版会 (2018/2/28)

エトムント フッサール (), Edmund Husserl (原著), 浜渦 辰二 (翻訳), 山口 一郎 (翻訳)

間主観性の現象学IIIその行方 筑摩書房 (2015/10/7)
エトムント フッサール (), Edmund Husserl (原著), 浜渦 辰二 (翻訳), 山口 一郎 (翻訳) 間主観性の現象学II: その展開 筑摩書房 (2013/9/10)
浜渦 辰二 (編集), 宮脇 美保子 (編集) 第14巻 看護倫理 The Japanese Bioethics Series (シリーズ生命倫理学) 丸善出版 (2012/7/31)
エトムント フッサール (), Edmund Husserl (原著), 浜渦 辰二 (翻訳), 山口 一郎 (翻訳) 間主観性の現象学 その方法 筑摩書房 (2012/5/1)
浜渦辰二(編集) 「ケアの人間学」入門 知泉書館 (2005/10)
フッサール (), 浜渦 辰二 (翻訳) デカルト的省察 岩波書店 (2001/2/16)
クラウス ヘルト (), Klaus Held (原著), 浜渦 辰二 (翻訳) 20世紀の扉を開いた哲学―フッサール現象学入門 九州大学出版会 (2000/04)
浜渦辰二 フッサール間主観性の現象学 創文社 (1995/03)
柏田 康史 (), 末吉 康幸 (), 浜渦 辰二 (), 広川 明 () 哲学するために―近代知の再検討 北樹出版 (1991/01)

シドニー シューメーカー (), 菅 豊彦 (翻訳), 浜渦 辰二 (翻訳)

自己知と自己同一性 (双書プロブレマータ) 勁草書房 (1989/09)